スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『白夜行』 東野圭吾
Sat.13.09.2008 Posted in 東野圭吾
4 comments 0 trackbacks
白夜行 (集英社文庫)白夜行 (集英社文庫)
(2002/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


1973年に起こった質屋殺しがプロローグ。
最後に被害者と会った女がガス中毒死して、事件は迷宮入りする…

物語の主人公は、殺された質屋の息子亮司と女の娘雪穂
当時小学生だった二人が成長する過程で様々な不可解な事件が起こるようになる

彼らが大人になるまでの17年間を描いた超大作

真相は一番最後まで語られることはないが、絶妙な伏線と第三者からの視線で描かれる
亮司と雪穂の人生は、人間の暗い部分を如実に映し出したものである。

800ページ余りを飽きずに読ませる東野圭吾さんの文章には感服です。
本当にはまりました。


決して二人の感情を描かず、第三者からの視点によって
次の展開が気になって気になってたまらなくなり、一気に読んでしまいました。

こんなに違う作風の文章が書けるんだなぁと改めて尊敬

まぁ胸が痛くなるような展開で、ちょっと切なくなりましたが…。
文章全体を重い空気が覆っているようで、読後感は決してよくはありませんw

心に残る雪穂の台詞。でも共感はできません…
「太陽の下を生きたことなんかないの」

「でも暗くはなかった。太陽に代わるものがあったから。
太陽ほど明るくはないけれど、あたしには十分だった…」

「全然知らない人です」
スポンサーサイト

Theme: 読んだ本。 « 本・雑誌

| Home | 『The Da Vinci Code』 Dan Brown »

comments

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。